FC2ブログ

助ける自信しかない

【助ける自信しか】
当社には、出産を機に救急車から降りた救急救命士の国家資格保有スタッフが居ます。
小柄なのですが、その発言がとにかく”たのもしい”。
 
   
「もし、事務所内で会社の誰かが急に倒れても、絶対に”命”を助けます。」
   
「助ける自信があります。」
   
「いや、助ける”自信しか”ないです!」
    
「具体的には、まずは、そのタイミングから私がリーダーとなります。そして、●●さんには、近所のコンビニに走ってもらって、AEDを借りてきてもらいます・・・・」
 

これまでに、何千人もの救命救急に携わってきたとの事。
(10年や20年の勤務期間ではなく、22歳で採用されてから出産退職までのわずか数年間の勤務)
 
  
もの凄い「使命感」です。
話を聞けて、良かったと思います。
最近、残念なニュースが多いですが、彼女は現役を退いてもプロです。
そこには誇りと情熱を感じます。そして、尊敬します。
 
 
素晴らしいプロ根性を持っていても、悔しい事に、彼女は現場に戻ることはできないそうです。
もう一度、救急車に乗って救急救命の現場には戻れないそうです。
 
  
ご縁があって、彼女は今「FP事務所」に居ます。
2年前、赤ちゃんと一緒に勤務をはじめました。
彼女の採用面接のときに話した事があります。
  
 
「もう救急車に乗っての人命救助はできないかも知れない。」
「でも、FPでも人命救助はできるよ。」
「お金問題が理由で自殺する人を、この日本から減らすことができる。そう信じている。」と。
 
 
ちなみに彼女のパートナーは、現役の消防士さん。
イケメン&イクメン&マッチョのカッコいいパパ。
スポンサーサイト

はいはいオフィスを目指す!

意味不明なタイトル?

「はいはい」の「はい」は「High」や「返事のYES」のことではありません。

「這い這い」です。(^v^)




事務所の中を赤ちゃんが“ハイハイ”している会社って素敵だと思いませんか?


 ・ 気が付いたら、お客様の足元にスタッフの赤ちゃんがお邪魔してた・・・

 ・ 「あれ?静かだな??」と思ったら、事務所の端っこで寝てた・・・

 ・ 「やけに、おとなしい??」と思ったら、大事な資料を切り刻んでた・・・


きっと、大変なことも多いでしょうね。
でも、決めました。



3歳までの子連れ出勤を歓迎します。(幼稚園や保育園入園まで)



働きたいけど、赤ちゃんを出産したばかりで働き口の無い女性。
結構、多いと思います。

もし、働けたとしても、我が子を預ける託児料って大きいですよね。
本当は外に出て働きたいけど、託児料を考えて、働く事をあきらめた女性。
結構、多いと思います。

赤ちゃんが幼ければ幼いほど、できるだけ一緒にいたいですしね。
そこで、もし、職場に赤ちゃんを連れてこれたら素敵じゃないですか?

赤ちゃんが少しくらい体調不良でも、子連れ勤務なら、仕事できますよね。
仕事、休まずにすみますよね。


うちの会社で現在採用できるのは、1名だけ。
しかも、パートさんです。
それほど沢山のお給料は支払えません。
でも、給料をもらえて、託児料を支払う必要がなければ、一石二鳥ですよね。


2013年1月に募集を開始しようと思います。
勤務地は千葉県市川市の市川大野という所。(市川市立大野小学校のすぐ近く)
興味ある方は、ご連絡下さい。


ただし、当然ですが、面接・採用試験は行います。
そして、採用にあたり、条件があります。

その条件とは、代表の中村が、あなたの大事な赤ちゃんを、我が子のように可愛がっても、しかりつけても、おもちゃにしても文句を言わない事。(コレ大事)


赤ちゃんがハイハイしている事務所。
どうなる事か・・・

2012年のGWは宮城県石巻へ

2012年のGWは「被災地でお金を使おう」という事で、宮城県の石巻へ行って来ました。


そこで感じた事は「歩みは遅くとも進んでいる」という事でした。

人は強いです。

泣いてばかりも居られません。
記憶を記録として残し、教訓にして進んでいくしかありません。

IMG_0356_convert_20120507105442.jpg

IMG_0357_convert_20120507105648.jpg


でも、本当にまだまだ支援が必要です。
私たち、一人ひとりに「何ができるのか?」考え続け、行動する必要があります。
がれきの山は、前回訪れた(2011年9月)のときよりも、だいぶ減っていますが、まだ写真のとおりです。

IMG_0358_convert_20120507110657.jpg

IMG_0361_convert_20120507110829.jpg


そして、個人的にこれからの復興のシンボルになるのではないかと思う、小学校にも再度訪れました。
(ここは昨年のNHK紅白歌合戦で、長渕剛さんが中継で熱唱した事で有名となったようですね。)

2011年3月12日の写真(今回も訪れた、塩釜の丸長寿司さんに置いてあった本の1ページを撮影しました。)
IMG_0393_convert_20120507111428.jpg

2012年5月4日 今回訪問時の写真
IMG_0375_convert_20120507111944.jpg


少しずつですが、家が建てられて来ている所もあるようですが、現時点で再建築できているご家庭は、わずかでしょうね。
二重の住宅ローンとなっては、家計が大変ですので、ここで無理をしてローンを組むことも考えものです。
ローンの支援策についても、よく考える必要があります。
例えは、5年だけ返済が猶予されても、その後どうすればいいのでしょうか。

IMG_0389_convert_20120507112601.jpg


理由は分かりませんが、まだ手をつけられていない家屋も多々見られました。
IMG_0382_convert_20120507114017.jpg


今回も、私はボランティアではなく、家族で見学(字のとおり、見て学ばせてもらいました)させてもらいました。


子供たちには、「どうやって生きて行くか」と同時に「どうやって、人の役に立つか」、忘れずに成長して欲しいと思います。



~末っ子(5歳娘)に聞いてみました~

「目の前の“おうち”を見て、どう思う?」



『大人になったら、大工さんになって、お家をタダで建ててあげる』


『そして、作っている途中には、屋根だけのお家の中で、お弁当を食べる!!』





どっちがメインか分かりませんが、優しい気持ちを忘れないで欲しいと思います。(^.^)



自分はというと、頑張って沢山税金を納められるようになること。
そして、雇用を守り、もっと沢山の雇用の場を作り出せるようになることです。




IMG_0337_convert_20120507114620.jpg

被災地の人だけでなく、みんなで頑張っていきましょう!


宮城県の石巻へ

今年のGWは、宮城県の石巻へ行ってこようと思います。
できる事と言えば、少ないながら「お金」を使って来るくらいですが。。。
昨年心に誓ったことを再確認するためにも。

【被災地に行って心に誓ったこと】
 ↓(昨年のブログ)

»続きを読む

就業規則

会社には就業規則を作成して、従業員に開示し、労働基準監督署に届け出る義務があるのですが、その一方で、従業員が10人までの会社なら、届け出はしなくても良いこととなっています。


という事で、現実的には就業規則の作成すらしていない中小企業がほとんどではないでしょうか。


私の会社はまだ、家族以外はパートさん1名という規模の会社ですが、質の高い一流の企業を目指したいので、この度、就業規則を作成することとしました。


もちろん、作成するだけでなく、監督署にも提出する計画です。




住宅ローンソムリエ
www.shinkyo-jp.com
CFP・SCMP 中村諭

プロフィール

住宅ローンソムリエ(R)

Author:住宅ローンソムリエ(R)
住宅ローンを専門分野とする、日本でも数少ないファイナンシャルプランナー[CFP(R)]です。

活動地域は「千葉・東京・埼玉・神奈川」

住宅ローンは【組んだら終わり】では済まない時代になってきました。自分の住宅ローンと「どう付き合っていくか?」住宅ローンとの付き合い方をお伝えいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード