スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区分所有権とは

構造上区分され、独立して住居、店舗、事務所等としての用途に供することができるユニットとしての建物である「区分所有建物」の所有権のことをいいます。

区分所有法が定めている概念のうち最も重要なものであり、個々の所有者は「区分所有者」という。

マンションなどがそうですね。
スポンサーサイト

瑕疵担保責任とは

隠れた欠陥について、売主が負う責任のことです。

購入した住宅などに購入した時点では発見できないような瑕疵(「かし」と読み、隠れた欠陥のことを言います。)が発見された場合における修復や賠償の義務のことを言います。

新築住宅では住宅の基本構造部分における不良と雨漏りについて、契約から10年間の瑕疵担保期間が認められています。(中古住宅で売主が個人の場合は適用されません。)

手付金とは

不動産などを購入する際に、購入者が正式契約の前に部分的に支払うお金のことで、売買や請負などの契約締結の際に、その保証として当事者の一方から相手方に交付され、契約が履行されたときは代金の一部に充当されることが多くあります。

仲介手数料とは

宅地建物取引業法の中の「報酬の額」に該当する不動産売買の仲介手数料で、売買仲介の報酬の額は、不動産取引では大半のケースで400万円超の物件を扱うため、報酬上限である「売買金額の3%+6万円」の公式によって計算されます。

なお、売買契約書などに住宅ローン特約があり、ローンが不成立の場合は、支払われた仲介手数料があれば返還されなければならない。


諸費用とは

住宅の購入代金や建築費の他にかかる本体以外の費用です。

大きく分けると税金関係(印紙税、不動産取得税、登録免許税、固定資産税など)、ローン関係(事務手数料、ローン保証料など)、保険料関係(団体信用生命保険、火災保険、地震保険など)、手数料関係(司法書士手数料、仲介手数料など)があり、消費税は諸費用には含みません。

プロフィール

住宅ローンソムリエ(R)

Author:住宅ローンソムリエ(R)
住宅ローンを専門分野とする、日本でも数少ないファイナンシャルプランナー[CFP(R)]です。

活動地域は「千葉・東京・埼玉・神奈川」

住宅ローンは【組んだら終わり】では済まない時代になってきました。自分の住宅ローンと「どう付き合っていくか?」住宅ローンとの付き合い方をお伝えいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。