スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人はカードがお好き?

日本デビットカード推進協議会が、興味深い調査結果を発表しました。


[調査概要] 
調査名:財布の中身とJ-Debitに関する調査
調査期間:2012年10月12日(金)~10月16日(火)
調査対象:20歳~59歳の男女 500名
調査方法:インターネット調査
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121126/prl12112617090081-n1.htm

財布の中身の実態は、
本来の目的の「現金」(99%)、「お店のポイントカード」(84%)、「クレジットカード」(82%)、
「キャッシュカード」(72%)、「免許証」(63%)といった定番のアイテムが並び、
平均8.8枚持ち歩いているそうです。


「財布には入っていないけど、自宅にはもっとあるよ。」


そんな声も聞こえてきそうです。


ちょっとお店でお買いものをしたり、食事をしたりすると「カード作りませんか?」って言われますよね。
でも、この「カード作りませんか?」にも、注意が必要です。


お店のポイントカードならよいのですが、
最近は、スーパーやショッピングモールでも「クレジッドカードを作りませんか?年会費無料です。」などと、
勧められますよね。

そのときに、安易にクレジットカードを作ってしまうと、“将来”家を買えなくなる可能性があるからです。


実際に私のお客様に「クレジッドカードを作るとポイントがもらえる」という理由で、沢山所有している方がいらっしゃいました。でも、こんな事をおっしゃっています。


「本当はもっと作りたかったのだけど、いつからか忘れたけど、作れなくなっちゃったんだよね。」


そうなんです。
みんな知らないのです。

クレジッドカードを作るという事は、“借金の入り口に立った”という事を。


お金を借りる時は、審査があって、その審査を通らないとお金は借りられません。
この事を知っている方は多いと思います。

カードが作れなくなったという事実。
これは、審査が通らなくなったという事を意味しています。


この状態で、家を買おうと思って、住宅ローンの申し込みをしたらどうなると思いますか?
住宅ローンは人生最大の借金ですよね。当然審査も厳しくなります。


さて、あなたは何枚カードをもっていますか?
その中に“借金の入り口カード”は何枚ありますか?
本気で調べてみましょう。
スポンサーサイト

プロフィール

住宅ローンソムリエ(R)

Author:住宅ローンソムリエ(R)
住宅ローンを専門分野とする、日本でも数少ないファイナンシャルプランナー[CFP(R)]です。

活動地域は「千葉・東京・埼玉・神奈川」

住宅ローンは【組んだら終わり】では済まない時代になってきました。自分の住宅ローンと「どう付き合っていくか?」住宅ローンとの付き合い方をお伝えいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。