スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変動金利型ローン とは

契約者に適用される金利がその時点での市場金利に合わせて見直されるローンをいいます。

住宅ローンの場合は半年毎に見直しが行われ、金利は短期プライムレートに連動(長期プライムレートに連動するものもあるようですが。)します。

金利の見直しが行われても、一般的に返済額は5年間固定されます。

6年目に返済額が見直されても、増額幅は25%以内とされているので、返済額については比較的家計の見通しも立てやすいという特徴があります。


しかし、金利が大幅に上昇している場合には、返済額の中で金利の占める割合が多くなり、元本がなかなか減らないという状況も想定されます。

他の金利タイプのローンと比べると、一般的にその時点での金利は最も低くなるが、完済までの総支払額がいくらになるかわからない、という点で将来の貯蓄額などの予想が難しいというデメリットもあります。


ただ、2年や3年の短期固定ローンよりは、当初5年間の返済額とその次の5年間の返済額上限は決まっているので、家計管理はし易いのではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちも固定化 変動金利かで
迷っています。
10年後 どうなっているか分かりませんからね。

トラックバック

http://mortgagesommelier.blog48.fc2.com/tb.php/135-0499c476

プロフィール

住宅ローンソムリエ(R)

Author:住宅ローンソムリエ(R)
住宅ローンを専門分野とする、日本でも数少ないファイナンシャルプランナー[CFP(R)]です。

活動地域は「千葉・東京・埼玉・神奈川」

住宅ローンは【組んだら終わり】では済まない時代になってきました。自分の住宅ローンと「どう付き合っていくか?」住宅ローンとの付き合い方をお伝えいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。