スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変動か?固定か?

住宅ローンを考えるときに「変動金利」にすべきか「固定金利」にすべきかで悩みますが、こんなアドバイスしかできない専門家がいます。


「金利は今が最低水準、将来は金利が上がるから、変動金利はリスクが高い」


このアドバイスは確かに間違ってはいませんが、正しくもありません。
金利が今よりも、将来、いつか上がるのは、今の大人なら、誰でも想像付きます。
問題なのは、金利が今よりも2~3%も上がって、毎月の返済額が苦しくなりそうなのはいつ?という事のはずです。


本当に大事なのは、「金利が上昇した時のローン残高が幾らになっているか?」なのです。
ポイントは、『金利』ではなく、個々の家計が負担する『利息の額』です。



金利が仮に今よりも2%UPになったとしても、返済が進んでローン残高が減って入れば、生活に支障のない程度にしか毎月の返済額は上がりません。


住宅ローンを組んでいる個々のご家庭の返済プランによっては、“今”目の前の返済額が多い「固定金利」の方が、高リスクとなる場合もあります。


変動金利の住宅ローンについて、「金利は今が最低水準、将来は金利が上がるから、変動金利はリスクが高い」としか言えない専門家は、専門家とは言えません。『将来のことは分からないから、無難な回答をしておこう』という自己防衛のアドバイスに過ぎませんから。


同じ方に投資(資産運用)のアドバイスをしてもらって下さい。
もし、次のような回答なら、矛盾していますよね。
「今は不景気なので、将来は不安です。なので、安全性の高い債券等に投資しましょう。」

これでは、お金を借りるときは、金利は上がることを前提にして、
投資(企業にお金を貸す)ときは、金利は上がらないことを前提にアドバイスしていることになります。
つまり、お客様にとって安全なアドバイスをしているつもりでも、結局、専門家本人の考えが無いために、自分のリスクを避けた回答となってしまっているのです。

相談する方はご注意を。
相談するなら、専門家としてのしっかりとした軸のある方に相談しましょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今や0金利時代ですからね。。
借り換えどきなのかな。。

借換えの検討

費用と効果の検証。
まずはシミュレーションですね。

トラックバック

http://mortgagesommelier.blog48.fc2.com/tb.php/153-58709c74

プロフィール

住宅ローンソムリエ(R)

Author:住宅ローンソムリエ(R)
住宅ローンを専門分野とする、日本でも数少ないファイナンシャルプランナー[CFP(R)]です。

活動地域は「千葉・東京・埼玉・神奈川」

住宅ローンは【組んだら終わり】では済まない時代になってきました。自分の住宅ローンと「どう付き合っていくか?」住宅ローンとの付き合い方をお伝えいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。