FC2ブログ

人生100年計画

FPのための勉強会(FPフェア)で勉強してきました。


『住宅スゴロク』という言葉を聞いたことはありますか?


昔はこんな感じで住み家を進んで行きました。

「他人の家の一間を借りて生活(居候)」→「木造アパート借家」→「鉄骨アパート(マンション)借家」→「マンション分譲」→「戸建て分譲」 (これで、『住宅スゴロク』のあがりです。)


今は、あがりの続きがあります。(居候時代はないでしょうが。。。)
→「都心マンションに住み替え」→「高齢者専用住宅」→「介護ホーム」(表現が正しいのか分かりませんが。。。)


昔の人は人生を60年~70年という期間で考えればよかったのです。
また、老後は自分の子供の家庭に同居するのが一般的でしたので、住宅ローンが終われば、その後のお金に関する大きな心配は特になかったはずです。
でも、今の人は60歳でローンを支払い終えても、その後の生活がまだ20年~30年あります。また、年金が整備されてきたこともあり、自分が購入した家に老後に一人ででも住み続けます。


その時にお金に関する問題としては、ローンが終わった住宅をどのように管理すべきか、その後の修繕計画はどうすべきか、その時にお金は用意できるのか????ひと昔前の世代では悩む必要のなかった前例のない問題が出てきます。


前例がないのですから、人生の先輩に聞くことはできませんし、書物を探してもどこにも解答はありません。
自分達で考えて解決していかねばならないのが、人生100年の世代です。


戸建て住宅購入者は、まずは、修繕のための積立から始めませんか。


これから住宅を購入しようと計画を立てている人は、老後に、その家が資産として価値があるか?を判断基準に加えて欲しいと思います。


今から30年後にはリバースモーゲージが普通に活用される時代となっていても不思議ではありません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://mortgagesommelier.blog48.fc2.com/tb.php/206-d3853cf1

プロフィール

住宅ローンソムリエ(R)

Author:住宅ローンソムリエ(R)
住宅ローンを専門分野とする、日本でも数少ないファイナンシャルプランナー[CFP(R)]です。

活動地域は「千葉・東京・埼玉・神奈川」

住宅ローンは【組んだら終わり】では済まない時代になってきました。自分の住宅ローンと「どう付き合っていくか?」住宅ローンとの付き合い方をお伝えいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード